2011年04月11日

春なんだから、少しは元気をだそうよ!たまプラーザのみんな!

「埋葬されることもないまま瓦礫に埋もれているたくさんの人を抱え、しかも、原子力発電所の事故で国土の一部を失いつつある」(宮崎駿監督の最近のコメントから)いまだに重苦しい状況が続く中で、震災に被災した方々を思うと、お花見どころではないという意見もあります。

たまプラーザテラスにて(撮影:2011年4月10日午後)
たまプラーザテラスにて(撮影:2011年4月10日午後)

 
ただ、少しは元気をだしてもいいのかなと思ったのは、今日、たまプラーザテラスで↑の写真を撮った時です。子ども達は元気に遊んでいました。いつものようにです。

「春なんだから、少しは元気をだそうよ!たまプラーザのみんな!」と子どもたちからのメッセージのようです。

早く「いつもの生活」に戻りたいですね。


2011年4月10日日曜、たまプラーザ周辺で、桜の写真を撮りました。その一部を披露します。

國學院大學たまプラーザキャンパス周辺の遊歩道にて
國學院大學たまプラーザキャンパス周辺の遊歩道にて
(撮影:2011年4月10日午後3時半頃)


同じく國學院大學たまプラーザキャンパス周辺の遊歩道にて
同じく國學院大學たまプラーザキャンパス周辺の遊歩道にて


國學院大學たまプラーザキャンパス
國學院大學たまプラーザキャンパス


たまプラーザ駅周辺(撮影:2011年4月10日午後4時半頃)
たまプラーザ駅周辺(撮影:2011年4月10日午後4時半頃)

posted by タツロウ&まりや at 00:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 街の話題>たまプラーザ・エリア情報

この記事へのコメント
本当にたまプラーザの桜、癒されました。本当にキレイで写真撮っている方も多かったですね♪
Posted by ゆみちん at 2011年04月11日 09:00
少なくとも、被災していない我々は「普通の生活」をすることが、復興への一番の近道だと思っています。
まあ、いろいろと影響を受けて致し方ない部分はありますが、なるべく普通の生活を送るように心がけています…。
Posted by kazam1205 at 2011年04月11日 22:50
■ゆみちんさん こんばんは
コメントありがとうございます。もう満開はすぎてしまいましたが、まだまだ桜見物はいけます。雨が降らなければ、今週末まで大丈夫かもしれません。

■kazam1205さん こんばんは
コメントありがとうございます。タツロウも自粛するかどうかは、一人一人が個々に判断すれば良いと思っています。人に押しつけてはいけない。
Posted by タツロウ at 2011年04月13日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。